大阪で『相続税』なら【税理士法人心 大阪税理士事務所】

税理士法人心

相続時精算課税に関するQ&A

  • 文責:所長 税理士 大澤耕平
  • 最終更新日:2022年9月2日

相続時精算課税とはどのような制度ですか?

父母や祖父母が、子や孫に贈与した際に利用できる贈与税の制度です。

通常、一定額以上の贈与を行えば、贈与税の申告を行い、贈与税を納税する必要があります。

しかし、相続時精算課税を利用すれば、その贈与した財産は、相続の時に遺産として計上され、相続税として納税することが可能になります。

相続時精算課税にはどんなメリットがありますか?

税金の支払いをすぐにしなくてもいいというメリットがあります。

相続時精算課税を使えば、2500万円までは非課税で贈与を行うことが可能です。

たとえば、子や孫がお金を必要としている場合に、単純に2500万円を贈与してしまうと、贈与税が課せられてしまいます。

しかし、相続時精算課税を使えば、贈与した時点では税金の支払いについて心配をする必要がありません。

相続時精算課税のデメリットは何ですか?

一度相続時精算課税制度を利用すると、暦年贈与を使った対策ができなくなります。

毎年110万円までは贈与税が課せられません。

この点を利用して、毎年110万円を贈与し、将来的な相続税の対策をする方は少なくありません。

しかし、一度相続時精算課税制度を利用すると、110万円までの贈与であっても、贈与税が課せられてしまうことになります。

相続時精算課税を使う場合は贈与税の申告は不要ですか?

必ず相続時精算課税制度を使いたいという申告が必要です。

相続時精算課税を利用した場合、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日の間に、贈与税の申告書を提出する必要があります。

また、相続時精算課税は、一定の親族間でしか行うことができないため、親族関係を証明するために戸籍謄本なども添付しなければなりません。

相続時精算課税制度を利用して、2500万円以上の贈与をした場合は、どうなるのですか?

2500万円を超えた部分については、20%の税金が課税されます。

  • 選ばれる理由へ

税理士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ