大阪で『相続税』なら【税理士法人心 大阪税理士事務所】

税理士法人心

お役立ち情報

相続税がかかる遺産

  • 文責:所長 税理士 大澤耕平
  • 最終更新日:2022年8月31日

1 相続税がかかる遺産とは

原則的な考え方は、「亡くなった方が所有していた財産」が遺産になるというものです。

亡くなった方が所有していた財産としては、たとえばご自宅等の不動産、銀行に預けている預金、証券会社で管理している株式などがあります。

これらの財産は、亡くなった方が所有していた財産であるため、相続税の世界でも、遺産としてカウントされます。

ただし、法律的には遺産ではない財産であっても、相続税の世界では遺産とみなされるものがあります。

つまり、法律の世界と、相続税の世界では「遺産」という言葉の定義が異なるということです。

2 どのような遺産に相続税が課されるのか

代表例は、死亡保険金です。

たとえば、父親Aさんが「自分にもしものことがあった場合、長男Bさんに1000万円の死亡保険金が払われる」という生命保険の契約をしていたとします。

この場合、もし父親Aさんが亡くなり、長男Bさんが死亡保険金1000万円を受け取った場合、この1000万円は法律上遺産ではありませんが、「みなし相続財産」として、相続税の課税対象になります。

3 死亡保険金の非課税枠

相続人の人数が1人増えるごとに、500万円が非課税になります。

たとえば、相続人が2人いる場合は、非課税の枠が1000万円あるため、死亡保険金が1000万円以下であれば、死亡保険金は非課税ということになります。

4 相続税が課税されない遺産

祖先を祭るための財産については、相続税は課税されません。

たとえば、墓地や墓石などの祖先を祭るために必要な財産は、相続税が課せられません。

その他にも、仏壇、神棚といった財産も同様です。

ただし、相続税を逃れるために、純金製の仏具などを購入していた場合などには、相続税が課せられることがあります。

  • 選ばれる理由へ

税理士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ