大阪で『相続税』なら【税理士法人心 大阪税理士事務所】

税理士法人心

  1. 続きはこちら
  2. 続きはこちら
  3. 続きはこちら
  4. 続きはこちら
  5. 続きはこちら

選ばれる理由一覧はこちら

お客様相談室

相続税のご相談は当法人へ

ご依頼中に何か不安に思うことやお困りごとが生じた際、気軽にご相談いただける場所としてお客様相談室を設けています。安心してご相談ください。

相続税に関するQ&Aをご覧いただけます

よくご質問いただく点などをQ&A形式でまとめています。相続税に関するご相談をお考えの方は参考にしてください。

新着情報

当法人に関する新着情報などを紹介

ご相談受付をお休みする場合の日時を掲載する等、当法人に関する新着情報をご覧いただけますので、参考にしていただければと思います。

  • 選ばれる理由へ

税理士紹介へ

相続税は当法人にお任せください

相続税について迅速かつ適切に対応できるよう、日々研鑽を積んでいる税理士が対応させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

スタッフ紹介へ

スタッフも丁寧に対応

相談の日程調整のご連絡などにつきまして、スタッフが対応させていただきます。質の高いサービスを提供できるよう丁寧な対応を心がけています。

当法人の事務所所在地のご案内

大阪駅の近くにある事務所をはじめとして、当法人の事務所は利便性のよい立地に設けています。相続税は税理士法人心にご相談ください。

相続税の相談から申告までの期間

  • 文責:所長 税理士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年9月9日

1  相談までの期間

ご家族が亡くなった後は、役所での手続き、お葬式、四十九日など、慌ただしい日々が続くかもしれません。

そのため、ついつい相続税の申告については、後回しになってしまいがちです。

しかし、相続税の申告には10か月という期間制限があります。

そのため、できるだけ早い段階で税理士に相談をすることが大切です。

相続発生後から3か月ほど経過したくらいで税理士に相談すると、相続税の申告で慌てることなく、手続きを進めることができます。

相続発生後3か月が経過した場合は、できるだけ早い段階で、税理士に相談しましょう。

大阪の方は、税理士法人心 大阪税理士事務所をご利用ください。

2 必要書類の取り寄せは3か月を目安に

相続税申告を行うためには、様々な書類が必要になります。

まず、亡くなった方の戸籍謄本や、相続人の戸籍謄本が必要になります。

特に、亡くなった方の戸籍謄本は、出生から死亡まで全種類必要になります。

戸籍謄本は、市区町村単位で管理されているため、本籍地が変わっている場合には、全国の役所から戸籍謄本を取り寄せる必要があります。

また、遺産の内容を調べなければならないため、不動産に関する書類や、預貯金に関する書類も集める必要があります。

もっとも、遺産に関する資料は、相続人であることの証明をしなければ、集めることができません。

そのため、遺産に関する資料は、戸籍謄本を集めてから、取得することになります。

相続人が誰なのかや、遺産の内容によって変わりますが、必要な書類を集めるための期間として、3か月程度が目安になります。

3 2か月で相続税の申告書を作成する

必要な資料が集まった後は、相続税の申告書を作成します。

相続税を軽減するための制度を活用しつつ、適切な納税額を計算しなければなりません。

特に、土地については、評価の方法によって金額が変わることがあるため、慎重な検討が必要です。

必要な書類が集まってから、相続税申告書を作成するまでに必要な期間は、2か月程度が目安になります。

相続税の相談は不動産評価に強い専門家に

  • 文責:所長 税理士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年9月7日

1 不動産の評価が重要な理由

⑴ 不動産は預貯金等と違い評価額を下げることが可能

相続税は、遺産の総額が少ない方が、相続税の金額が下がるという制度になっています。

しかし、たとえば亡くなった時に預貯金が1000万円あった場合、その預貯金は1000万円の評価になり、これを変えることはできません。

他方、不動産は、必ずしも評価額が決まっているわけではなく、場合によっては、評価額を下げることができます。

もし、不動産の評価額を下げることができれば、相続税を軽減することが可能です。

⑵ 不動産の評価方法は複雑

不動産の評価は、様々な方法があります。

たとえば、土地の立地条件、地形の状況などによって評価額は異なってきます。

そのため、どんなルールを採用し、どういった評価をするのかは非常に高度な知識と経験が必要になります。

しかし、適切に不動産を評価すれば、相続税を軽減できる可能性がある以上、複雑なルールを把握し、適正な相続税の申告書を作る必要があります。

2 税金の専門家が不動産評価に詳しいとは限らない

会社関係の税金業務など、相続税以外の業務の中では、不動産の評価が必要になる場面は、あまり多くありません。

つまり、相続税の申告以外の業務を中心に扱っている専門家は、必ずしも不動産の評価に詳しいとは限りません。

反対に、相続税の申告をする際は、ほとんどの場合で不動産の評価が必要になります。

そのため、相続税を中心に扱っている専門家であれば、不動産評価のノウハウも蓄積されており、適切な不動産評価が可能です。

3 相続に関する法律に詳しくない専門家に注意

相続税の申告を扱う上では、相続に関する法律の知識が不可欠です。

そのため、相続税の申告を多く扱っていれば、その分、相続に関する法律についても詳しくなります。

その反面、相続に関する法律に詳しくない専門家は、相続税の申告をあまり扱ったことがない可能性があり、不動産評価についても詳しくない可能性があります。

そのため、相続税の申告を専門家に依頼する場合は、その専門家が相続に関する法律に詳しいかどうかを確認することをおすすめします。

各専門家が連携できることの強み

  • 文責:所長 税理士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年9月2日

1 税理士のアドバイスだけでは対処できないことも

相続税の申告を行う場合、遺産の分け方についても、同時並行で協議していくことが多いと言えます。

しかし、遺産をどのように分けるのかという点は、税金の問題ではなく、法律の問題になるため、税理士はアドバイスができないとされています。

特に、遺産の分け方について、相続人同士でもめてしまった場合、税理士は一切立ち入ることができません。

また、遺産の中に不動産がある場合は、不動産の名義変更が必要になりますが、税理士は、不動産の名義変更を行うことが認められていません。

そのため、相続手続を進めるためには、税理士の力だけでは足りない場面があります。

2 最初から各専門家が相談に同席することが可能

税理士と他の士業など、各専門家が連携している事務所であれば、初回の相談から、各専門家が相談に同席することが可能です。

そうすれば、相談者の方からご事情を伺うのは1回で済みますし、必要な資料は、各専門家で共有することができるため、必要以上に多くの資料を集めていただく必要がなくなります。

もし、各専門家が連携していない場合は、相談者の方が各専門家の事務所を個別に訪問し、最初から事情を説明し、必要な資料も複数用意しなければならなくなり、大変な労力が必要になります。

3 あらゆる面から最適な見通しを立てることが可能

たとえば、医療の世界では、チーム医療という言葉があります。

様々な分野の専門家がチームを組み、各方面からの意見を出し合うことで、最適なサービスを実現するための制度です。

相続の場面では、相続税の申告、遺産の分け方、不動産の名義変更、預貯金の解約手続きなど、様々なことを同時に解決していかなければなりません。

そのため、同じように、複数の専門家の協力が重要なポイントになります。

最初の相談から、税理士を含む複数の分野の専門家が相談に入ることで、今後の相続手続全般について、最適な見通しを立てることができます。

相続税の対策の一例

  • 文責:所長 税理士 大澤耕平
  • 最終更新日:2021年8月30日

1 現金を土地に変える

たとえば、2億円の現金を持って亡くなった場合、その現金は2億円の遺産と評価されます。

では、生前のうちに、この2億円を使って、2億円の土地を買った場合はどうなるでしょうか。

一見、2億円で土地を買ったのだから、相続税の申告の際も、その土地は2億円の土地として、申告することになりそうです。

しかし、相続税の申告の際は、国税庁が決めた基準に従って、土地を評価します。

高値がつきやすい都市部の土地であれば、路線価という基準が用いられます。

この路線価は、土地の時価の8割くらいが目安と言われています。

そのため、2億円の土地が、相続税の申告の際には、1億6000万円の土地であると評価され、結果として遺産総額が4000万円減ることになります。

その結果、遺産が見かけ上、目減りしたような状態になり、その分、相続税が下がることになります。

2 現金を建物に変える

仮に1億円の現金を持っていた場合、その1億円が遺産としてカウントされます。

しかし、1億円で、アパートを建築すると、多くの場合、そのアパートの評価額は1億円を下回ります。

たとえば、1億円で建築したアパートが、6000万円の評価額になった場合、4000万円遺産を圧縮できたことになります。

遺産の圧縮ができれば、その分、相続税の負担を軽くすることができます。

つまり、現金を建物に変えることで、相続税の対策が可能なのです。

3 アパート経営の注意点

アパート経営がうまくいけば、家賃収入が入る資産を残すことができます。

その反面、空室が目立つなどの理由で、ローンの返済さえ難しいような場合は、負の財産として、次の世代に引き継がれる可能性もあります。

また、早い段階からアパート経営をして、ローンを完済したり、家賃収入がたまってきてしまうと、むしろ相続税が上がってしまう可能性もあります。

アパート経営は、メリットとリスクを慎重に見極める必要があります。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

相続税の申告でお悩みの方へ

相続税について不安な点もお気軽にお尋ねください

相続税申告は普段の生活では馴染みのないものなので、確定申告のように毎年行うようなものより、わからないと思う部分も多く出てくるのではないかと思います。

また、特に初めて依頼するという場合だと、税理士に依頼すること自体に不安を感じることもあるかと思います。

税理士法人心では、皆様に安心してご相談いただけるよう、ご不安やご質問に対し丁寧に説明することを心がけています。

相続税に関する案件を得意としている税理士がお話をお伺いし、わかりやすい言葉でお答えしますので、疑問に思っていること等も遠慮なくお尋ねいただいて、不安を解消したうえで当法人に依頼するか決めていただければと思います。

個室にて、ゆっくり落ち着いた環境でお話しすることができますので、お気兼ねなくご相談ください。

お越しいただきやすい事務所です

相続税について税理士にお願いしようと思っていても、事務所が遠く離れた地域にしかないと、行くのが面倒だと感じるのではないでしょうか。

税理士法人心の事務所は、いずれもアクセスの良い立地となっており、当事務所は大阪駅から徒歩5分の場所にあります。

大阪の近郊にお住いの方にも相続税のご相談にお越しいただきやすくなっているかと思いますので、相続税でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

また、仕事等でなかなか予定を合わせられないという方でも相続税について相談しやすいように、ご予約いただくことで夜間や土日祝でも対応することができます。

相続税申告を円滑に終わらせるためにも、少しでも不安なことがありましたら、当法人にお問い合わせください。

お問合せ・アクセス・地図へ